ポスティングイメージ

一戸建てのみ、マンションのみなど
狭い商圏にピンポイントで配布したい。

ポスティングチラシの最大のメリットは、一戸建て住宅のみ、マンションのみ、○△町の□丁目のみなど細かい設定ができる点です。少ない部数であれば、業者へ依頼しなくてもご自身で配布できるので、配布スケジュールも立てやすく人気の広告です。

チラシを配布したいターゲット像を明確に

ポスティングチラシのメリットである細かい配布エリア設定を活かす為にも、配布したい相手のビジョンを明確にしましょう。
例えば中学受験を狙う小学生がターゲットの場合、進学校に通う学校区の住宅へ配布すると良いでしょう。また、インターネットの加入を促すチラシであれば、引っ越したばかりの一人暮らしの大学生が済むアパートを狙うのが良いのではないでしょうか。
業者に委託すれば1万枚前後のチラシも1日で配布出来ますが、もしお客様がご自身で配布する場合は配布計画もチラシの内容同様重要なポイントになります。

配布ターゲットイメージ

折仕上げ時に見える部分のチラシデザインにこだわる

毎日多数の広告が配布されるポストにはお客様がこれから作るチラシ以外のものも多数混ざっています。
ユーザーは多数のチラシを一瞬で必要なもの、必要でないものと2つに分けて、不要と判断したものはその場でゴミ箱に捨てられてしまいます。
A4サイズなどのチラシをそのままポストには入れられませんので、通常ポスティングする際は二つ折りや三つ折りの加工を施します。ユーザーが展開しなくても見えるスペースにインパクトのあるビジュアルとキャッチコピーで上記の2択で「必要なもの」と思わせる仕掛けが必要です。

折込みイメージ

デザイン事例を見る