「折り加工」ってなに?

はじめに

チラサクにてチラシ等の発注・お見積もりをご依頼される際に、「加工」の項目があります。

この加工の項目にはいくつかの「折り加工」が掲載されているのですが、

その折り加工とは一体どんな加工なのかわからない!そんな方に向けて、今日は折り加工のご説明をさせていただきます。

折り加工ってなに?

 

折り加工とは

折り加工とは、1枚の用紙を用途に合わせて様々な形に折っていくことです。 情報量はそのままでコンパクトになり、閲覧してもらいやすく効果的です。

折り加工のご紹介

・2つ折り

真ん中から直角に2つ折りをする折り方です。この折り方にすると、1枚の用紙を4面に分けて見せる事が可能です。

こちらの折り方は、パンフレットリーフレット、ポスティングなどにご利用頂けます。

・3つ折り

1枚の用紙を3面に分け、その中の1面を内側に折り込み、反対側の1面を被せるようにする折り方です。

この折り方にすることで、情報をコンパクトにまとめる事が可能です。

こちらの折り方は、パンフレット、フロアガイド・マップ、店舗案内などにご利用頂けます。

・巻き4つ

2つ折りを2度繰り返すことで全体で8面の枠を持たせる事が可能になります。

こちらの折り方は、ポスティングチラシ、カタログ、フロアガイド・マップなどにご利用頂けます。

・W折り

その名の通り、「W」の様に折る方法です。サッと情報を見やすくする折り方になります。別名で外4つ折りとも呼ばれます。

こちらの折り方は、パンフレット、リーフレット、店舗案内などにご利用頂けます。

・観音折り

こちらは観音開きの様に開く事が出来る折り方です。両端を折り込んだ後、さらに2つ折りをします。

この折り方は、会社案内、リーフレット、一連の流れがある様なパンフレットなどにご利用頂けます。

・DM折り

ダイレクトメール等に最適な、封筒に収まりやすいサイズに折る加工です。

こちらは、DM、パンフレット、リーフレット等にご利用頂けます。

・十字折り

長い辺を半分に折った後、長くなった辺を半分に折る事で、4分の1のサイズになる折り方です。

こちらは、店舗案内、パンフレットなどにご利用頂けます。

まとめ

この様に、加工と言っても様々な方法があります。

「普段のチラシとは違ったチラシを作ってみたい」「目を引くパンフレットやリーフレットを作ってみたい」

そうお考えの方は、ぜひご一考されてみてはいかがでしょうか?

見積もり依頼・発注依頼はこちらより行えます。

はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ
チラシ印刷料金の見積もり依頼フォーム

関連記事

  1. チラシをWEB上に掲載できるサービス3選

  2. 格安でチラシが作れる理由

  3. 無駄なコストを払ってない?チラシを効果的に作る方法

  4. 整骨院など治療院の広告規制について

  5. 分からなかったらなんでもきいてね

    わからないことがあったらなんでもきいてね

  6. 親しみやすく実用的なチラシ

デザイン事例を見る