チラシの原稿のまとめ方の基本

チラシの作成を行う場合、お客様自身に原稿をご用意して頂く必要があります。

チラシ原稿の作り方でもご紹介していますが、今回は少し踏み込んだ内容をご紹介したいと思います。

広告を出す際、あれもこれも載せたいというのはよくあることだと思います。

せっかくお金をかけてチラシを作るのだから、伝えられることは伝えたいと考えると思います。

しかし、そういったごちゃごちゃになってしまったチラシは、なかなか人には見てもらえません。

そのサービスのプロはあなた自身

まず私たちはデザインのプロではありますが、あなたが紹介したいサービスのことはわかりません。

そのサービスのプロはあなた自身のため、あなたにしかわからないことがたくさんあります。

そのサービスは何が売りなのか

どこが他と違うのか

どこが強みでどこを知ってほしいのかなど、今一度よく考えてみてください。

優先順位を考える

うちは丁寧なサービスに定評がある。ここを推して客足を伸ばしたい。

価格に自信がある。

今キャンペーンをしているので、それを告知したい。

など、ここを推したい!というものが決まったら、そこから優先順位を振って考えてみましょう。

キャンペーンは期間が決まったものなので、より重要になるかと思います。サービスと価格は合わせて、このサービス内容でこの価格としても良いかも知れませんね。

原稿を頂いた時に私たちは、ここを推したいんだな、これを強調して作ろうと考えます。そこがズレていては、求めていた内容とは違うものが出来上がる可能性もあります。しっかり整理して、今一番優先したいものを考え原稿を作りましょう。

最後に必要な情報を付け加える。

ここまで考えることができればそれはお客様に伝わる原稿の一つになると思います。

日付や住所、電話番号など必要な情報を付け加えれば、それで立派な原稿のできあがりです。

まとめ

チラシで推したい内容をしっかり絞る。絞った内容に優先順位をつけ、整理する。

最後に必要な情報を付け加える。

ここをしっかり考えるだけで、あなたの原稿はお客様に伝わる原稿にかわるはずです。効果的なレイアウトやデザイン性は私たちにおまかせ下さい。

 
はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ
チラシデザイン制作事例

関連記事

  1. チラシ作成は印刷まで一括で利用できる業者

  2. クリエイティブコモンズライセンスの意味と仕組みと使い方

  3. [料金比較]チラシ印刷をネット対応する大阪の会社

  4. チラシでたくさんの情報を訴求するのはアリ?ナシ?

  5. チラサクにて発注された際の流れ

  6. 反響を得られるチラシ作成にはデザイン思考が重要

デザイン事例を見る