紙の厚みについて

お客様にご依頼いただく際、どのような紙が最適ですか?との質問をよく聞かれます。

紙の種類には様々なものがありますが、こちらでは紙の厚みについて目安をお伝えしたいと思います。

まず、印刷物の仕様を選ぶときコート53kg、コート73kgとkgって何の重さなんだろうと思われる方もいらっしゃると思います。

印刷物においての「kg」は重さではなく「紙の厚み」をさしています。

紙の厚み「kg」とは

印刷に用いられる紙の寸法は「mm」ではなく「kg」です。

53kgや73kgの重さは印刷用紙の原紙を1000枚積んだ時の重さを紙の厚さとして表示します。

この数字が大きくなるほど厚い紙になるということです。

53kg

一般的なコピー用紙よりも薄い用紙です。

新聞折込でよく使われる用紙です。

73kg

一般的なコピー用紙とほぼ同じくらいの厚みの紙です。

チラシとして使うにはちょうどいい厚みと質感で人気のある用紙です。

ポスティングや手配り用のチラシによくご利用いただいております。

90kg

チラシやカタログの本文などによく使われる用紙です。

一般的なチラシより少し厚みがあるうえ、柔軟性もあるので少ししっかりしたチラシを作りたい方におすすめです。

110kg

ある程度しっかりした厚みのある用紙です。

折りリーフレットなどに合う、やや厚めの用紙です。

お店のメニューやサービス案内などでよくご利用いただいています。

135kg

しっかりとした厚みが有ります。

会社案内やパンフレット等によくご利用いただく用紙です。

長期間ご利用いただく印刷物にはおすすめです。

180kg

厚手のパンフレットの表紙などに使用される用紙です。

220kg

名刺やハガキ等でよくご利用いただく厚い用紙です。

まとめ

印刷に使える用紙は様々です。
その都度ご相談いただければ最適な紙をお選びいたしますので、ご不明な点ございましたらお気軽にお尋ね下さい。

 
チラシ印刷料金の見積もり依頼フォーム
はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ

関連記事

  1. チラシ広告を作成するなら

  2. いらないチラシを再利用

  3. ネットでデザインから印刷まで依頼するメリットとデメリット

  4. 集客力を高めるためのチラシを作るには

  5. 印刷にも種類があるんです

  6. ビジネスアイテムとしてのチラシ

デザイン事例を見る