そのチラシ本当にお客様に届いていますか?

前回、こちらで書いた通りチラシにはいくつかパターンがあり、組み入れていくことでよりイイチラシになることを書きました。

パターンすべてを入れていくことはないですが、

お客様目線でこれを入れていこうと思うものがあれば、

どんどんいれていくことをおススメします。

今回はパターン2の顧客の心に伝えているのかについて書いていきます。

ポイント

  • インパクトの有無
  • 業界用語を多用
  • 一番商品の魅力
  • 特別感の訴求
  • 見やすい価格
  • 安心感や信頼感
  • 商品の限定感
  • にぎわい感

インパクトのあるアイキャッチ商品はお客様をひきつけます。

アイキャッチとは…顧客に対して注意をひきつける画像のことです。

店舗にいるスタッフを掲載することで信頼感や安心感、さらにはにぎわいを演出することもできます。

価格は見やすい位置におき、地域最安値を演出することで、割安感の印象をあたえます。

ここで業界用語を多用してしまうと、お客様は興味を無くしてしまうので、注意が必要です。

 

お客様の欲求を満たすために、

手の込みすぎたデザインは必要ありません。

それよりも、

必要な商品を明確にして打ち出していくことが重要です。

チラシというものはお客様からすれば、

敷居が低い媒体になります。

今欲しい、これほしいなと思えるチラシづくりを目指していきましょう。

 
チラシデザイン制作事例
チラシ印刷料金表のご案内

関連記事

  1. チラシデザインを格安で依頼する4つの方法

  2. チラシにデザインは必要ない?

  3. 無料・商用可! チラシで使えるフリー写真素材サイト

  4. 料金イメージ

    チラシデザイン料金について

  5. キーボードイメージ

    adobe Illustratorで文字詰めを設定する方法

  6. 企業理念多くコンセプト少なくなっていませんか

デザイン事例を見る