他のチラシとは違う学習塾チラシの作り方のルール

反響の取れる学習塾チラシの作り方

春夏秋冬と、一年を通して学習塾のお客様は生徒を募集するため広告づくりに努力しています。他と少しでも違うチラシを作って、良い環境の教室だと理解してもらい生徒やそのご両親に魅力的な塾だと思ってもらう必要があります。

先日、ある学習塾のお客様と打ち合わせをしていると、反響の得られている学習塾チラシには他のチラシに無いルールがある事に気づきました。

1.表面でインパクトの強いビジュアルを作る。

2.裏面に詳しい情報を整理して掲載する。

3.文字はできるだけ少なく、ナナメ読みできるようにする。

4.読むよりも見るで内容が把握できるようにする。

上記のように、「訴求ポイントを絞る」という、王道の販促媒体の作り方を当てはめるのがチラシです。

特にチラシは面積が小さく制限されているため、情報を詰め込むよりも省略させてでも簡単にパッパッと目に飛び込ませる必要があります。

Webサイトやバナー広告、ポスターなど様々な広告がありますが、ほとんどがこの手法に則って作られます。

しかし売れている学習塾チラシはこのルールを破った独自の手法で作られているようです。

 

売れる学習塾チラシの作り方とは。

売れている学習塾チラシの作り方は上記で説明した王道の販促物制作のルールのまったく逆と言っていいほど、とにかく情報を詰め込む事だそうです。

新聞折込チラシ

文字が多く一見煩雑に見えますが、学習塾チラシの場合このくらいテキスト量が多くてちょうど良いそうです。

情報量の多い学習塾チラシほど受験を控えた子供を持つ両親には「熱心だ」と映るようで、信頼感を勝ち取れるという仕組みだそうです。

学習塾の経営者様はふだんから活字には慣れた方が多い印象ですので、テキストを増やすことは意外と簡単では無いでしょうか。チラシのレイアウトやデザインを考えるときも、実は文字を増やす事よりも情報の訴求点はズラさずにいかに文字を減らすかという事が難しいので、文字が多ければ多いほど良いというのは、チラシの作りやすさから見ても良い業種だと思います。

講師の紹介や受講生へのメッセージ、他の塾との違いなど、コンテンツは他のチラシと同様で構いませんが省略はせず、熱のこもった文脈でチラシを手にとったユーザーに訴えかけましょう。

一般的なルール

1.表面でインパクトの強いビジュアルを作る。

2.裏面に詳しい情報を整理して掲載する。

3.文字はできるだけ少なく、ナナメ読みできるようにする。

4.読むよりも見るで内容を理解させる。

 

学習塾チラシのルール

1.表面で生徒に対してのメッセージを掲載。

2.詳しい情報は表、裏に整理して充実させる。

3.見出しと本文のメリハリはつけつつ文字はできるだけ多く。

4.見るよりも読むで理解させる。

まとめ

意外とこのルールを理解してチラシを作っている学習塾様が少ないですので、競合となる塾が取り入れる前にこの販促方法を試してみませんか?その際はぜひチラサクへご依頼ください。

売れる学習塾チラシの作り方とは。

売れている学習塾チラシの作り方は上記で説明した王道の販促物制作のルールのまったく逆と言っていいほど、とにかく情報を詰め込む事だそうです。

 

はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ

チラシデザイン制作事例

関連記事

  1. まずチラシを見てもらうために考えるべき10のこと

  2. 無料・商用可! チラシで使えるフリー写真素材サイト

  3. チラシを依頼するなら、デザイン会社、印刷会社、広告代理店、フリーランス…

  4. 無料・商用可 鍼灸整骨院チラシに使えるフリー素材

  5. チラシデザインにこだわらなければいけない4つの理由

  6. ゴシック体と明朝体の違いについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

デザイン事例を見る