ゴシック体と明朝体の違いについて

チラシのデザインをする際に重要なポイントの1つが「フォント」です。

一口にフォントと言っても様々な種類がありますよね。

今回はフォントの中でもよく使うフォントについて、書いていきます。

チラシ印刷料金の見積もり依頼フォーム

はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ

チラシデザイン制作事例

チラシ印刷料金表のご案内

 

ゴシックと明朝

よく使われるフォントに「ゴシック体」と「明朝体」があります。

この2つの違いや、見え方、向いている使い方をご説明します。

ゴシック体

フォントの中でかなり多く使われているのがゴシック体です。

ゴシック体はインパクトがあるため、見出しやタイトルに多く使われる事が多いです。

線の太さがほぼ均一な書体なので、小さくなっても視認性を保つことができるのが、幅広い場面で使用されている理由の1つでしょう。

このゴシック体には「男性的」「モダン・現代的」「力強い」という様なイメージを与えます。

明朝体

ゴシック体と同様に多く使用されているフォントが明朝体です。

筆で書いた様な「はね」や「はらい」がある書体で線が細いため、量が多くても圧迫感がありません。

可読性に優れているので、情報量の多いチラシ等に使われています。

この明朝体には、「女性的」「高級感」「上品さ」などのイメージを与えられます。

二つを並べる

2つの違い

図の上がゴシック体。下が明朝体です。

パッと見た印象でも違いますし、上記の説明を読んだ後に見ると更に違いがある事がわかると思います。

まとめ

この様に同じ文字、同じ大きさでもフォントの違いで見る人に与える印象はガラリと変わります。

チラサクでは細部のフォントにまでしっかりとこだわり、チラシを手に取った方が反応するデザインを心がけております。

こちらにチラサクがデザインしたチラシのサンプルがありますのでご覧下さい。

関連記事

  1. そのチラシ本当にお客様に届いていますか?

  2. チラシのデザインを頼むときに用意するもの

  3. 広告作成をフリーランスに依頼してはいけない5つの理由

  4. 限りなく確実に反響が取れるチラシを作る方法

  5. チラシデザインにこだわらなければいけない4つの理由

  6. アーティストとデザイナーの違い


チラシの無料相談
見積依頼フォーム
LINEで相談する

チラシデザインの
料金を見る
格安チラシ印刷の
料金を見る
チラシデザイン
制作事例
ご利用いただいた
お客様の声

運営/株式会社グラフィティー
電話番号/06-4796-2075
メール/info@chira-saku.jp
営業時間/10:00〜18:00

対応エリア/関西圏 大阪府 | 兵庫県 | 滋賀県 | 京都府 | 奈良県 | 和歌山県 関東圏 東京都 | 神奈川県 | 埼玉県 | 千葉県 | 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 山梨県 その他 北海道 | 青森県 | 秋田県 | 岩手県 | 山形県 | 宮城県 | 福島県 | 新潟県 | 長野県 | 山梨県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 静岡県 | 愛知県 | 岐阜県 | 三重県 | 岡山県 | 鳥取県 | 広島県 | 島根県 | 山口県 | 香川県 | 徳島県 | 愛媛県 | 高知県 | 福岡県 | 大分県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄県
デザイン事例を見る