チラシを作る前に大事な「なんで?」

 

チラシは、ただ「なんとなく」作っても良いものは出来ません。

今回はチラシ作成のヒントとなる考え方をご紹介します。

お客様がチラシ作成を依頼される際の原稿の作り方、

デザイナーがチラシを作成する際の作り方、

どちらにも役立つ思考法です。

「なんで?」と考える

チラシを作る思考で大事なのは「なんで?」と考えること

しかし、一番難しいのは「なんで?」をどこかのタイミングで止めないといけない所です。

「なんで?」を止めて決断するタイミング・ポイントが肝心になってきます。

それには3つのポイントがあります。28174009021

・「限界値」に達した時

能力やコストの限界

例えばチラシを配る範囲にしても、最大規模を考えると「全人口」となってしまいます。

そこを自分たちの能力やコストの限界を考えて、

「店舗から半径○kmの□□世帯」など限界値を決めていきます。

Pasted-Graphic-2

・時間

期限から実際にチラシ作成に使える時間を割り出す

ただしデザイナー側には時間で「なんで?」を止めすぎるのはあまりオススメしません。

就業時間内だけで終わらせるのも大事ですが、

デザイナーとしては24時間デザインについて考えるというも、

成長していく上で必要じゃないでしょうか。

Pasted-Graphic-1

・問題の「根本」が解決するとわかった時

チラシを作成する理由となった問題を解決するのが最優先

作成を依頼される側も依頼を受ける側も、仕事をする以上は

まず一番の問題となっている部分を解決するのが大切です。

追加でもっと別の問題も解決しようとして、ブレてしまうと元も子もありません。

それを踏まえた上で、自分の能力の範囲・時間が許す範囲で付加価値などを加えていくのは良いでしょう。

具体的な例

具体的にチラシ作成を依頼する場合に、この思考法を当てはめてみます。

自社の売上を伸ばしたいがどうすればいいのか?

どこがダメで、なぜ集客ができないのか?など、

それが「なんで?」なのかを考え…

「なんで?」このサイズなのか?

「なんで?」この業者なのか?

「なんで?」この枚数なのか?

「なんで?」この時期なのか?も

安易に決めず、何度か考えてから決めてください。

そして能力の限界や時間の許す範囲で、「なんで?」を止めるタイミングを決めましょう。

そのサイズじゃなくてもいいかもしれませんよ。

両面じゃなくても、加工がなくてもいいかもしれませんよ。

そもそもチラシじゃなくてもいいかもしれない、という選択もありかもしれません。

一旦「なんで?」を考えてみてはいかがでしょうか?

チラサクならWebなど他媒体での制作も承っています。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. デザインの参考となる本

  2. チラシ制作を依頼する会社の選び方

  3. 覚えておこう!業種別チラシの広告規制について

  4. チラシ作成の前にお客さんの声をきこう

  5. [料金比較]チラシ印刷をネット対応する大阪の会社

  6. チラサクはここが違う

    チラシ専門のチラサクは、他サービスとここが違う!

デザイン事例を見る