用紙の種類ってどうやって選べばいいの?

どんな用紙を選ぶかによって印刷物の仕上がりは大きく変わってきます。
インクの乗りや光沢感、平滑性など紙によって特性が異なります。
印刷物によって適した用紙を選ぶことは重要です。
では何を基準に選べばいいのか、今回紹介する用紙の特性をご自身が作りたい印刷物の参考にしてみてください。

コート紙

一般的にカタログや雑誌のカラーページに使われる事が多い用紙です。手触りはツルツルしています。

紙の表面に特殊な薬品を塗布することで、インクののりがよく滑らかな障り心地にしています。

発色がよく、写真が多いチラシに向いています。

マット紙

光沢のない印刷用紙です。

ポケットティッシュの広告等に使われる紙です。ビニール越しに見るため光沢のない紙が使われます。

紙の表面には光沢を消すためのコーティングがされています。

上品な白さが高級感を演出します。

マットコート紙

紙はマット紙ですが、マット紙に比べると印刷面は鮮やかで光沢があります。

表面はツルツルとしていますが、コート紙ほどツルツルとした印象はありません。

どちらかというと落ち着いた風合いの仕上がりになります。

アートポスト紙

表面に光沢が有り、ポストカードや名刺に最適です。

コート系に比べると少しクリーム系の色になります。

上質紙

一般的なコピー用紙よりも、表面のきめが細かくより白いのが特徴です。

光沢はなくマット系に近い風合いです。

上質紙は印刷した後乾きづらいためベタの多いデザインや多量のインキを使用するものには不向きです。

ざら紙

新聞折り込みチラシや週刊誌などに用いられることの多い用紙です。
表面がザラザラとしているためざら紙と呼ばれています。
きれいなチラシが多い中レトロ感があり目立ちます。

まとめ

用紙の種類は他にもたくさんございます。紙質にとことんこだわってみるのも、印刷物をよりよい仕上がりに近づける大きな手段の一つです。用紙の種類によっては生産状況、在庫状況によりすぐにご用意できない場合があります。ご発注の際は弊社に弊社にお問い合わせの上お申込みください。

はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ
チラシ印刷料金表のご案内

関連記事

  1. チラシデザイン用語には何があるの?(A、Bサイズ規格編)

  2. ビジネスアイテムとしてのチラシ

  3. いらないチラシを再利用

  4. 見積・発注から納品までの5ステップ

  5. ネットでデザインから印刷まで依頼するメリットとデメリット

  6. もらってうれしいノベルティ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

デザイン事例を見る