フライヤーの語源

チラシとフライヤーの違いは?

主にA4サイズ以下で厚手の紙を使用したものを「フライヤー」と呼ぶようです。 フライヤーは新聞折込チラシよりも少し小さいサイズが主流で、手渡しやポスティングでの配布によく使われます。 比較的安く作ることができるので、販促効果は高い媒体です。イベントやショップの宣伝に用いることが多いです。

フライヤーに適した印刷物

フライヤーは手に取ってもらう、持ち帰ってもらうことを想定した印刷物です。 街頭で配布する場合や店舗に置くイベントの告知等も、鞄に入れて持ち帰ってもらうことを考えて小さく厚みのあるものがいいです。 そのため内容も簡潔に、ポイントを抑えられるようにレイアウトやデザインを工夫する必要があります。

配布する場所・時間帯

まず第一に、誰にこのフライヤーを見てもらいたいか、ターゲットとなる人物を明確にすることが重要です。 その上で、情報のジャンルや配布する人のライフスタイルにあわせて配布する場所や時間帯を決めます。

まとめ

私自身フライヤーの語源が飛ぶものだとは、初めて知りました。今も昔も様々な宣伝方法が模索されていたのですね。 フライヤーの語源からフライヤーの有効活用方法を記載しましたが、こちらに書いたことはインターネットで少し調べれば出て来るような基本的なことです。 経験豊富な弊社デザイナーにお任せいただければ、お客様のご要望に沿ったデザイン、配布方法をご提案します。
航空法 第八十九条 何人も、航空機から物件を投下してはならない。但し、地上又は水上の人又は物件に危害を与え、又は損傷を及ぼすおそれのない場合であつて国土交通大臣に届け出たときは、この限りでない。

はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ

関連記事

  1. チラシ配布業者の選び方

  2. チラシの活用法 チラシの主な設置場所について

  3. チラシのポスティング時の配布方法

  4. 自分で折込の手配をしてみよう

  5. 新聞折り込みチラシを配布する際のスケジュールの立て方

  6. チラシをポスティングをする際のポイント

デザイン事例を見る