江戸時代から続く「チラシ」という広告媒体

その昔、江戸時代の頃、チラシは「引き札」と呼ばれていました。

当時のそれらには、浮世絵や縁起物である鶴や宝船などがモチーフに多く起用され、

広告という役割の他に、景気を良くするための1つの趣向でもありました。

また、それらの中にはデザインが評価される芸術性に富んだものもあり、

このようなことから既に江戸時代の制作主側に

「人目を引くデザインには一定の効果がある」と認識されていたということがうかがえます。

そして、広告媒体としてチラシが今なお続いていることからも、

いかに身近で効果的な手段かということがわかります。

「チラシは見た目(美しさやインパクト)が大事でしょ!」

今、チラシを打とうかと思案されながらこの記事をお読みになっている方も、

きっと同じようにお考えのことかと思います。

・お客様の目をぐっとひきつけるチラシで、お店の認知や集客に結びつけたい!
・ライバルのあのお店と差のつくチラシを作りたい!

また、こんな風にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

・以前にチラシを打ったものの、いまひとつ反響が得られなかったのは何故だろう…

世の中にはたくさんのチラシがあふれているにもかかわらず、

効果的とは言いがたいものが数多く見られます。もちろん見た目は大切です。

しかし、それだけでは思うような反響や効果は期待できません。

チラシという媒体の役割として最も重要なのは、視覚的に印象付けると同時に、

紙面という限られた狭いスペースの中で「情報」(お店や商品・サービスや魅力等)を

いかに効果的に伝えるかということなのです。

 

売るための効果的なチラシ作成なら「チラサク」におまかせ下さい!

「チラサク」では、4,000件以上のチラシ作成実績を誇るグラフィックデザイナーが過去の事例から

培ったノウハウを元に、お客様とのお打ち合わせ~デザイン・コピーワーク~印刷までトータルで管理。

反響の取れやすいクオリティの高いチラシに仕上げ、打ち出し方までご提案させていただきます。

 

「競合店舗のチラシに勝ちたい。」「これまでのチラシでは良い反響が取れなかった」という方は

是非「チラサク」で顧客を獲得し、チラシの可能性を実感していただきたいと思います。

はじめてチラサクでチラシ作成を検討の方へ

チラシデザイン制作事例

関連記事

  1. チラシデザインにこだわらなければいけない4つの理由

  2. 料金イメージ

    チラシデザイン料金について

  3. 鍼灸院・整骨院にチラシ広告規制がある理由

  4. 購買心理学を利用した当たりチラシの作り方

  5. アーティストとデザイナーの違い

  6. 鍼灸院・整骨院のイイデザインチラシのご紹介

デザイン事例を見る